多くの花を咲かせる

植物園

春は一年の中でも、特に多くの植物が花を咲かせる時期です。春に花を咲かせる植物の特徴としてあげられるのは、種類によって花を咲かせる時期に違いが見られることです。まだ気温が低い3月の初めごろから咲き始める花もあれば、夏が近くなる5月の終わりごろになって咲く花もあります。一度に咲く花の数が多いことも、春に花を咲かせる植物の大きな特徴になっています。一つの木にたくさんの花が咲く植物も多く、サクラの花などはこうした植物の代表的なものです。多くの花が一つのところにまとまって咲くことが多いのも特徴になっていて、野原の一面に花が咲いているような光景は春の季節によく見ることができます。寒さに強いことも、春に咲く花の特徴です。

黄色い花を咲かせるナノハナ

多肉植物

春に花を咲かせる植物の中でも特に有名なのはナノハナです。ナノハナの特徴としてあげられるのは、鮮やかな黄色の花を咲かせることです。早い時期に咲き始めることもこの花の特徴になっていて、3月から咲き始めることが多いです。寒さに強いこともこの花の特徴になっていて、ガーデニング用に植えられているものだけでなく、自然の環境にも多く自生しています。丈夫なので、初心者でも育てやすいのが魅力です。種類が豊富なこともナノハナの特徴になっていて、観賞用として栽培されているものの他に、食用として栽培されているものもあります。食用に栽培されているナノハナは、菜種油を作るための原料になります。

日本でも人気が高いサクラ

多肉植物

サクラも、春の季節に花を咲かせる代表的な植物です。種類が多いことがサクラの特徴になっていて、自然の環境で育っているものだけでも10種類以上あります。サクラは園芸用に改良された種類が多いことも特徴になっています。園芸用に改良されたサクラを入れると、全部で300種類以上になります。日本でも非常に人気があることもサクラの特徴です。公園や学校などに植えられていることも多いです。街路樹として植えられることも多い花です。サクラは花の色にも特徴があり、多くの桜はピンク系の色の花が咲きます。サクラの種類によってピンクの色に若干の違いがあり、日本で育てられている多くのサクラが咲かせるのは白に近いピンク色の花です。ピンクが含まれない白い花を咲かせるサクラもあります。通常のサクラよりも色の濃いピンク色の花を咲かせる花もあり、独特の個性があります。広めの庭がある住宅ならば、ガーデニング用に植えてサクラの花を毎年自宅で楽しむこともできます。

長方形バナー2

正方形バナー1

長方形バナー1

長方形バナー3

正方形バナー2 正方形バナー3

広告募集中